目尻のしわを増やさないようにする

目尻のしわは年を取ると誰でも気になるのがです。目尻のしわを防止する方法は何かあるのでしょうか。目尻にしわができないようにするには、目の回りの皮膚をこすったり、引っ張ったりしないことです。ついつい化粧を落とすときやお肌のお手入れのときにこすってしまいがちですので注意しましょう。

目の周囲の皮膚にダメージがいくことのないよう、刺激がいかないように気を使うことが大事です。日中の化粧を帰宅後にきちんと落とさなければ、皮膚は乾燥しやすくなります。乾燥は目尻のしわの要因になります。メイクが残っていると皮膚に刺激を与え肌荒れの原因になるからです。紫外線も肌の乾燥を招き目尻のしわの原因となるものです。

日焼け止めなどで紫外線対策も忘れないようにしましょう。晴れた夏の日だけでなく、夏以外の季節でも紫外線は肌に照射されています。くぼみやクマが目尻にできることも多いようです。目の周りの筋肉が衰えている証拠ですので、早めの対策が必要になります。クマやくぼみはしわになりやすいので要注意です。

暗い部屋でテレビを見ていたり、ずっとパソコン作業をしていた時は、1分ほど目をつぶったり、目の周囲を指圧するなどして血流を改善します。目の回りにあるツボを刺激し、血流を促進してしわ対策を行うという人もいます。まだ目尻のしわができていないという人も今のうちから予防のための対策をしておくことが重要だといえるでしょう。